母子家庭を徹底サポート

母子家庭で頑張って生活をしている方へのアドバイスや基礎知識

当サイト「母子家庭を徹底サポート」にご訪問いただきまして誠にありがとうございます。ここでは母子家庭で頑張って生活をしている方へのアドバイスや基礎知識などをお届けしています。

 

いきなり離婚のお話をさせていただきますが、離婚をするためにもタイミングというのは絶対に必要なこととなります。子供がいなかったとして、お互い生活力を持っているのでしたら、特に離婚のタイミングというのは必要無いことかもしれません。

 

しかし子供がいる時というのは、子供の節目に合わせて離婚のタイミングはやってくることとなります。まず、幼稚園にも入っていないような乳幼児期の場合につきましては、特に離婚のタイミングに問題はないかと考えます。名字が変わってしまったとしても、子供自身にはあまり大きな影響はありません。

 

■精神的ストレスを子供に与えたくない

そして幼稚園から小学校に上がる時のタイミングです。学年の途中から名字が変わってしまったり、引っ越しをしたりするのはあまり好ましくないと考えている親が少なくないでしょうし、もし小学校が受験であった場合には、離婚していたら損になってしまうケースもあります。

 

また、精神的ストレスを子供に与えたくないという理由から、子供の中学受験や高校受験、大学受験が終わる頃まで離婚をするのを待つケースもあるかと思います。子供が就職をして自立を始めた頃になって、親の役目も終了したということで、離婚に踏み切る場合もあるようです。

 

近年多くなっている、熟年離婚というのは、夫が定年退職をして、退職金と年金が入るようになるタイミングを狙っている傾向にあります。

 

■子供が成人するまで我慢し続ける女性

基本的に子供がいる場合におきましては、先述しましたように子供の節目に合わせてタイミングを計っているケースが多いのです。その他にも、夫の転勤や単身赴任等といったものが、離婚のキッカケの一つになる事もあります。

 

とにかく離婚をしたいけれど、生活をすることが出来なくなってしまうから離婚することができないということも実際に多くあります。

 

最近ではシングルマザーが全国的に増加してはいるのですが、その大変さはもうご存知のことかと思います。離婚することによって経済的に苦しい思いをすることになってしまうくらいでしたら、子供が成人するまで我慢し続ける女性が熟年離婚を選ぶのです。

 

難しい問題ではありますが、このようにもし今の段階で離婚をされていないのでしたら、シングルマザーになる前に一度よくご検討されることをオススメします。

 

もし万が一今現在シングルマザーでしたら、当サイトが徹底サポートさせていただきます。