母子家庭を徹底サポート

厳しい母子家庭の仕事

シングルマザーとして愛する子どもを育てていこうと考えているのでしたら、とにかく出来る限り実家にサポートをしてもらうようにしましょう。

 

ほんの1?2時間だったとしても、託児施設以外に子どもを預けることが出来る場所があるだけで、とっても助かります。例えば、残業をすることが出来ることから、職業選択の幅を大きく広げることが出来ますし、協力者や理解者が存在することで育児のストレスも軽減されます。

 

少々の出費についてはご両親がカバーしてくれるケースも多いことから、経済的な面についても大きなメリットがあります。

 

当然のことですが、ご両親というのは育児の経験者であり、親という例えばでは「先輩」ということになります。育児に関するコツや心得などといった、学ぶところもきっと多くあります。

 

特に初めての出産で育児に臨む方にとりましては、ご両親の助言というのは大きな支えとなること間違いありません。もし少しでも分からないことや不安な点などあるのでしたら、ぜひご両親に相談をしてみてください。

 

子育てにおきましても、最も危惧されることになるのが、お母さんが「孤立」してしまった状態です。ご両親というのは貴方にとってサポーターとして貴重な存在なのです。

 

■家族のサポートで仕事探し

 

生活が安定してくるまの間は、実家に居住しているシングルマザーも多くいらっしゃるようです。または、託児所や保育園を見つけることが出来るまでの「つなぎ」として、子守を協力してもらっているようです。

 

また、求職をする時には、採用担当者から両親からのサポートを受けることが出来るのかと尋ねられるケースが多くなっていますので、やはりサポートを受けられる応募者ほど採用される確率は高くなります。

 

正直なところ、シングルマザーにおける雇用情勢というのは、非常に厳しい状態が続いてしまっています。

 

派遣やパートなど、選り好みを特にしなければ就職すること自体は決して難しいことではありませんが、もし正規雇用を目指しているのでしたら、資格を取得するなど人材としての強みやスキルを身に付けた方が得策です。

 

特に女性の就職率が高くなっている介護や福祉の分野におきましては資格職が多い傾向にあり、求人についても数多く存在しています。

 

ただしその一方では、離職率の高さや給与水準が低く設定されていることも問題視している声も多い傾向にあり、資格さえ取得することで良い条件で就職することが出来るとは限りませんのでご注意ください。