母子家庭を徹底サポート

パートとしてシングルマザーの仕事

シングルマザーの多くは、パートや派遣社員といった業務形態において収入を得ているケースが多くなっているようです。

 

やはり正規雇用の職場を最優先にして求職活動を行っている女性も多くいらっしゃるようですが、非正規の社員については必ずしも「恵まれない境遇」となっているワケではありません。

 

そこでここでは派遣社員やパートを選ぶことによってのメリットについてご紹介させていただきます

 

・多くの求人がある
最大のメリットは求人が多く出されていることです。生活水準にさえ気を配っていれば、親子二人の生計を立てることの出来る仕事を見つけるのは、それほど難しいことではありません。
また、有資格者(資格職)でしたら、非正規の採用だったとしても相応の収入を得ることが可能です。

 

・時間の都合がつきやすい
正規雇用と比較をして、勤務時間についてはかなり自由に調整が可能となります。シフト制を採用している職場や交代勤務など、ご家庭の事情に応じ働き方を選ぶことが出来るのは嬉しいポイントなのではないでしょうか。
休暇なども比較的簡単に取得することが出来る場合が多くなっていますので、お産の前後などに派遣社員として仕事をしている女性も増えています。

 

・キャリアアップも可能
働きながらあらゆる経験を積むことが出来ますので、将来のことを考えてスキルを磨いていく場としても非常に有用です。
一時的に休職をして資格試験の勉強なども自由にすることが可能で、また、職場においては人脈を確保したり、自身の適性などを働きつつ「自己分析」することも出来ます。

 

■収支のバランスを長期スパンで計画

 

さて、家計を支えていくために必要な収入についてはどの程度必要なのか、出来る限り詳細に把握しておくようにしましょう。

 

節約をすることの出来る部分についてはとにかく節約をして、子どもの教育費や将来に備えての貯蓄額などといった、収支のバランスを長期スパンで計画を立ててみてください。

 

実際に家計簿を作成するなど、家計の管理をする時には出来る限り徹底することを心掛けてください。

 

養育費の支払いがある場合についても、万が一支払いが途絶えてしまったことを想定して、家計にはある程度の余裕を持っていくことを心掛けてください。

 

そして住居については仕事が決定する前に確保しておいてください。仕事場があまりにも遠くになってしまうと、通い続けることが出来なくなってしまいますので、住居を拠点として職場探しをするようにしましょう。