母子家庭を徹底サポート

焦らず探すシングルマザーのお仕事

シングルマザーの場合ですと、育児だけだったとしても、大変な部分が多いものです。お風呂一つ入れるためにも、一人だけではバタバタして大変です。
それだけではなく、収入に関しても一人の力でどうにかして手に入れないといけないので、家事、育児、そして仕事を両立させるのに悩む方も多くいらっしゃいます。

 

子どもをないがしろにしてしまい仕事に打ち込むことによって、子どもに寂しい思いをさせてしまうことになります。だからと言いましても、専業主婦だけでは暮らしていくことが出来ません。

 

生活保護などといった制度を受けることが出来れば話は別ですが、それも厄介な部分が多少なりともあります。それでは、経済力の無いシングルマザーというのは、育児と仕事との両立をするのは無理なのでしょうか?

 

いいえ。決してそんな事はありません。シングルマザーだったとしても、考え方を変えることによって両立をすることが可能になります。

 

シングルマザーというのは、必要以上に頑張り屋さんである傾向が多いです。一人ですべてしようとしてしまうことから、うまくいかなくなってしまうのです。頼れる人、利用することの出来る制度、便利な業者などと、使うことが出来るのは、すべて使えばいいのです。

 

■民間の家事代行を利用

 

他にも親や兄弟、友人に甘えてみるのも、両立には欠かすことの出来ない手段となります。自治体によりましては、シルバーさんや、ファミリーサポートなどといったものも利用することの出来ないケースもあります。

 

これでしたら、時給の数百円で依頼することが出来ますので、非常に便利です。たまに息抜きをしたい時だったとしても、気軽に利用することが出来るでしょう。
お金が掛かってしまうのがデメリットとなりますが、民間の家事代行を利用してみるのも一つの手段でしょう。

 

誰かに助けを求めるという強さも、シングルマザーには必要不可欠なことなのです。甘えがいけない事という固定概念は、子どもにはもちろんのこと、自分の為にも、拭い去ってしまうことが大切です。

 

子持ちにとって優しい仕事、子持ちだったとしても関係ない仕事、探せば色々と出てきます。しかし、最も大切なこととなるのは、正直に現状を伝えて、希望もきちんと伝えておく事なのです。

 

もし保育園から呼び出しがあった場合には、迎えに行きます。子どもに何かあったら、遅刻・早退・欠勤する可能性もあります。それだけ伝えたとしても理解して採用してくれるような職場でしたら、子どもへの負担を軽減させることが出来るでしょう。